読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日こそ、定時

定時に帰りたい社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

Amazonアソシエイトに応募したら1日で審査が通った話

スポンサードリンク

f:id:sasagin:20160412211715j:plain

こんばんわ。昨日よりも今日のほうが細胞が生まれ変わってる佐伯です。

今日は、ブログやる人なら誰でも通るであろうAmazonアソシエイトのお話しをしたいと思います。
Amazonアソシエイトを調べると出るわ出るわ、審査に落ちた人の話。
なので、正直審査通るとは思ってなかったです。

みんなと同じように何回も落ちて審査が通るものだと思っていましたが、一発で審査通ってしまいました。
ということで、これからAmazonアソシエイトを申請する人に向けて、「そんな難しく考えなくても大丈夫っしょ!」という気持ちも込めつつ、Amazonアソシエイトの一連の流れをまとめてみました。

Amazonアソシエイトとは?

Amazonが提供するアフィリエイト・プログラム(成果報酬型)です。
Webサイト上で、「Amazon.co.jp」の商品を紹介する事ができ、閲覧者が、そのサイト経由で、商品を購入した場合、報酬(紹介料)が支払われる仕組みとなります。
amazon アソシエイト(アフィリエイト)とは?アカウントIDの登録(審査申請)手順と、報酬(紹介料)を上げる方法


上記で言われてる通りアフィリエイトです。記事などにリンクを張ってそこから商品が購入されると、Amazonアソシエイト利用者に商品購入金額の最大10%が入るもの。

例えば100万円のダイヤモンドが購入されたとする。
すると、Amazonアソシエイト利用者に最大で10万円が振り込まれるのだッ!

※100万円のダイアモンドは売ってるのか未確認

まぁ、とにかくブロガーの助けになるシステムですね。

Amazonアソシエイトに落ちている人々

まずはこちらの記事を見てほしい。

記事を見ると、このテツヤマモト氏は11回審査に落ちている。

なんという執念。なんという精神。
自分だったら5回落とされたら、ブログ書くのが嫌になりそうです。
AmazonじゃなくてアンチAmazonとして生き、楽天に身を捧げてしまいそう。

それでも、やっぱり審査に受かりたい人が多いのは、それほどAmazonアソシエイトに魅力があるからなんでしょうね。


みんなが落ちてる理由

Amazonアソシエイトに落ちている理由をまとめてみました。

1. サイトの完成度が低い

2. 新規のAmazonアカウントで申請しようとしている

3. Amazonアソシエイト登録する際に聞かれる質問フォームに文字を適当に入力している

4. アマゾンの商標を侵害しているような箇所がある

5. 登録情報に誤りがある

また、それに加えて申請に受からないとAmazonから送られてくるメールの指摘内容がこちら。

  1. 申し込みフォームに登録した電話番号が全角になっている
  2. webサイトのドメイン名の中に、「amazon」やその変形、またはスペルミスを含んでいる
  3. その他知的財産権を侵害している場合
  4. 露骨な性描写がある
  5. QRコードの利用情報に不足がある
  6. 未成年者の申し込み


これだけ見ると自分で引っかかりそうなのは「サイトの完成度が低い」かなって思ったんですけど、全然充実していない自分のブログで審査が通ったのでほとんどの人はここは気にしなくてもよさそうです。
ただ、ブログの設立期間が短い場合は審査はじかれちゃいそうですけどね。

あと気を付けるべきところは、「3. Amazonアソシエイト登録する際に聞かれる質問フォームに文字を適当に入力している」ですかね。

f:id:sasagin:20160412222811p:plain:w500

このような申請フォームがありますが、ここを適当に書いてしまうと結構審査に落ちちゃうみたいです。
いろんなブログでそのようなことが書いてありました。

自分の場合ここのフォームは

プログラマーの自分がスキルを磨くために参考にした本や、仕事のモチベーションを上げるためのガジェットなどを紹介します。

こんなことを書きました。
ガッツりプレゼンはしなくても良さそうなので、何を紹介するのか詳しく書けば問題ないと思います。

最後に

意外に審査落ちてる人は、ミスを見落としてただけなんて人も少なくないと思います。
審査に落ちてしまったら、さっきの落ちた理由一覧を参照してもらえれればと思います。

Amazonアソシエイトをブログに張れるようになると、なんかブログがより一層ブログらしくなるので是非とも申請をクリアしてほしいですね。