読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日こそ、定時

定時に帰りたい社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

スポーツジムにもって行くと便利なオススメアイテムを5つ紹介

スポンサードリンク

f:id:sasagin:20160416205651j:plain:w700


こんばんわ。佐伯です。

ちょっと前にこんな記事を書きました。

上の記事で書いてあるように、健康になりたい(あとモテたい)という理由で突発的に通い始めたジムですが、そろそろ通い始めて半年ぐらいになります。

自分がジムに通い始めて、「これあったほうが便利だな」とか「これがあると運動が捗る」といったものを5つ紹介したいと思います。

1.セームタオル


セームタオルとはすごい吸収率の良いタオルのことです。

セームタオルは種類として2つあります。
・speedo社が出しているスポンジ型のセームタオル
・arena社が出しているタオル型のセームタオル


speedo社のセームタオルはすごい吸収率がいいんですが、年々劣化していくという点が挙げられます。 さらに、スポンジ型なんで完璧に乾くとカピカピになって固くなってしまい、扱いに困るというデメリットもあります。

arena社のセームタオルは吸収率はspeedo社と比べ劣っていますが、ほとんどタオルと同じように扱えるので首に巻いたりなどパフォーマンスに優れます。
個人的にはarena社のセームタオルが好きです。旅行に持って行けたりもするので。

2.マグボトル


運動をすると必ず水分補給をします。冷水器や水道の水などでもいいんですがなにか味気ないからといって、のどが渇くたびに自動販売機のスポーツドリンクを買っていては地味に結構な出費になってしまいます。

自分はこのマグボトルに家で作ってる麦茶を入れてよくジムに行ってますが、保温性も優れているので5時間以上も冷たいまま飲むことができます。

ジムだけではなく自分は会社などにもコーヒーなどいれて持っていったりしています。
自動販売機とかコンビニで飲み物を買うと、あとで計算した時に結構な出費になっているのですよね…もう手放せないです。。

3.BlueTooth型イヤホン


音楽など聞きながらトレーニングする人は必須アイテムです。

有線でプレーヤーなどにつないでいると絡まって、下手したらイヤホンが断線してしまうなんてことも考えられます。
音楽プレーヤーを壊してしまう恐れもあるので基本的には無線であるBlueTooth型のイヤホンを使うほうがいいですね。

上で紹介しているイヤホンは防水仕様なのである程度の水には耐えられます。
ロードワークなど外で走る人は、急な雨が降ってきても安心して使用できると思います。

4.ジムトレーニング用の財布


ジムトレーニングに行くとき用の財布はあったほうがいいです。
メインで使っている財布の中はクレジットカードなど失くしたら困るものばっかりです。

え、でもロッカーにいれてればいいじゃん? って思ったアナタ。

結構盗難って発生するものですよ。

実際、昔働いていたスポーツジムでは盗難が月に1度起こっていました。
更衣室は防犯カメラがないから特定が難しいんですよね。
一応、貴重品ロッカーというのが大体ジムの入り口付近にあったりするんですけど、結構めんどくさくてやってない人もいるのではないかと。

だったら、財布を必要最低限のもの入れて持って行けば失くしたり、盗まれてもダメージは少なくて済むという考えです。
自分はジム専用の財布には、ジムの会員カードと2000円ぐらいしかいれてないです。笑

5.スポーツウォッチ


ずばり腕時計です!

ジムによってはルームランナーに時計機能がないものもあるんですよね。
どのくらい運動したのか、どのくらい運動しようかなどの目安になるので時計は必須ですよ。

大体トレーニングルームには壁掛け時計はついているんですけど、細かい時間はなかなか確認しづらく、逐一壁掛け時計を見ていたらルームランナーから落ちてしまう危険性もあるので、(実際落ちた)

自分の運動している時間を把握していたほうが目標が立てやすくなりますからね。

運動後のケア


番外編として運動後のケアとして、エアーサロンパスをあげておきます。

運動始めた人は必ず筋肉痛になってしまいますからね。
自分は、運動した次の日に筋肉痛になって階段から落ちてますから。

筋肉痛はなくならないけど、ある程度のケアをしたほうが早めになおりますよ!
あとは、お風呂や寝る前にストレッチをすることをおすすめします

気持ちよく運動できるようにがんばってくださいね!