読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日こそ、定時

定時に帰りたい社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

【iphone6s】勝手に電源落ちるから無償バッテリー交換してきた!

スポンサードリンク
f:id:sasagin:20170108211807j:plain


こんばんわ!はやくまた正月休みがきてほしい佐伯です。
ほんと休みってすぐあけちゃいますね…

今年始まっていきなりですが、みなさんは「iPhone6s」の無償バッテリー交換プログラムをご存知でしょうか??

iPhone6sがなぜかいきなり再起動する。電池があるのにいきなり電源が落ちる。など症状がある人は無償でバッテリー交換できる可能性が高いです。

いろいろ調べた結果、自分が使用しているiPhone6sは無償バッテリー交換プログラムに当てはまっており、つい先日交換してきたのでレポートを書き残しておきたいと思います!
修理はどこでできるのか、バッテリー交換はすぐ終わるのかなど書きますよ!

①持っているiPhone6sが交換プログラム対象か調べる!

f:id:sasagin:20170108213214p:plain

まずは自分の持っているiPhone6sが無償バッテリー交換の対象なのか調べます。
ここで無償交換できるかどうかわかるので、対象じゃないiPhoneを修理に持ち込んで「これはお金がかかりますよ」って言われることもないので安心ですね。

調べるまでの経緯を書いていきますよー

1.iPhone6sからシリアル番号を調べる

f:id:sasagin:20170108215424p:plain:w300


iPhoneの「設定」>「一般」>「情報」の順に進み、上記の画像の赤枠「デバイスのシリアル番号」を確認します。
これがiPhone固有のシリアルコードとなります。

2.シリアル番号から交換プログラム対象か調べる!

下記URLで先ほど調べたiPhone6sのシリアル番号を入力します。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート
https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

上記URLのページでシリアルコードを入力・送信ボタンを押し交換対象のiPhoneであれば下記画像の赤枠のようなコメントが表示されると思います。

f:id:sasagin:20170108220025p:plain

これで、自分の持っているiPhone6sが無償バッテリー交換できるのかどうかがわかります。
お疲れ様でした。まだ次あるよ!

②.持ち込みをする修理店の予約をする!

自分が持っているiPhone6sが無償バッテリー交換できることがわかったので、交換の依頼をしましょう。
今回は、使っているiPhone6sを1日手放すのは非常に困るので、即日修理が行える「持ち込み修理」します。
配送修理でも問題はないと思いますが、1日以上かかってしまうことに気を付けてくださいね!

先に言っておくと実際「持ち込み修理」では1時間ぐらいで交換していただきました!
もしかしたら、1時間以上かかってしまう可能性もありますが基本的には即日交換だと思います。

ではでは、やり方を記載していきます。

getsupport.apple.com

上記のURLからアップルのサポートページへと飛びます。
サポートページにいったら下図の赤枠の「持ち込み修理」を選択します。

f:id:sasagin:20170109131747p:plain:w600


「持ち込み修理」を選択すると、APPLEIDとパスワードが求められるので入力して次へ行きます。
すると下図のような地名を入力する欄が表示されるので入力しましょう。
現在地のまま検索をすると、最寄りの修理店が検索されるのでおススメです。
今回は新宿と入力しておきます。

f:id:sasagin:20170109132427p:plain


修理店を検索すると候補が挙げられたページが表示されます。
左側の修理店一覧から修理を行いたいお店を選択し、表示されたダイアログで希望の時間を選択します。
予約は最大一週間前からでしか予約できないため、早めに予約をしないとすぐ埋まってしまうので気を付けてくださいね。

f:id:sasagin:20170109132945p:plain

時間を選択すると登録完了になり、登録しているメールアドレス(AppleID)に予約した内容がかかれたメールが送付されると思います。
これで予約は完了です。

3.お店にもっていく前に準備をする!

修理予約をしたお店にもっていく前に、しなければいけないことがあります。
しなければいけないことをそれぞれ紹介いたします。

1.iPhoneのバックアップをとる!

f:id:sasagin:20170109135240p:plain:w300


まずは、iPhoneのバックアップをとる必要があります。
バッテリー交換しててデータが吹き飛んでしまう可能性もあるのでバックアップは取っておきましょう。

バックアップはiTunesを通してパソコンに保存するのがおススメです。
しかし、iTunesでバックアップを行うとバックアップの保存先がCドライブ固定になっており、Cドライブを圧迫してしまう問題が発生してしまいます。
なので、下のサイトを参考にしてDドライブにあるバックアップフォルダをミラーリングするなどして対策をしましょう。
webdesign-ginou.com

2.「iPhoneを探す」をオフにする!

この作業をする理由は詳しくはわかりませんが、公式ページによると「不正な第三者がお客様のデバイスの修理サービスを実施する事態を防ぐことを狙いとしています。」と書かれています。
公式ページに書いてある以上、おとなしく「iPhoneを探す」機能をオフにしましょう。

「設定」>「iCloud」を開き、次に「iPhoneを探す」をタップしてオフにします。

f:id:sasagin:20170109205215p:plain:w300


これで準備は完了です!予約したお店にもっていきましょう!

③予約したお店にiPhoneをもっていく!

f:id:sasagin:20170109205806p:plain:w300


先ほど予約した時間にお店に向かいます!
自分は予約した時間よりもすこし早く案内されたので、30分ぐらい早めについて待っているほうがいいと思います。
予約した時間よりも後になってしまうこともあると思うので、そこは長い目で見ましょう…

案内されてからは、「バックアップをとっているか」「iPhoneを探すをオフにしているか」など聞かれ、そのあと細かい説明を受けます。

無償バッテリー交換の対象になっているか軽くiPhoneを調査し、そのあとバッテリーの交換をしてもらいます。

自分は交換対象のiPhoneと調べがついてから、30分程度でバッテリー交換をしたiPhoneとご対面することができました。
即日交換はやはりうれしいですね。
データが吹き飛ぶことなど特になく新品のバッテリーに交換ができました!

最後に

iPhone6sを使っている人でいきなり再起動してしまうなどの症状がある方は、一度シリアル番号で審査してみてはいかがでしょうか。
持ち込み修理だとすぐ交換してもらえるのでおススメですよ!
新品のバッテリーに代わるので電池の持ちも良くなりますからね!


おしまい。