読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日こそ、定時

定時に帰りたい社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

【こち亀】腹がよじれ泣くほど笑ったこち亀の話ベスト10!!

スポンサードリンク
f:id:sasagin:20160905211522p:plain


こんばんわ。こち亀連載終了という一報を聞いてかなりショックを受けてる佐伯です…

こち亀ついに終わってしまいますね…

昔、ジャンプの企画で浅草神社の境内を使って昔の遊び(メンコ、ベーゴマなど)をしようという企画がありました。
その企画の一つに「秋元治、なぎら健一、ヨネスケ」でこち亀をテーマに対談するコーナーがあってものすごく楽しく対談を聞いた覚えがあります。
有名人3人もいるのになぜか全然人がおらず、ベーゴマの巻き方など直接なぎら健一に教わるというめったにない体験をした記憶がよみがえります…

話がそれましたが、連載終了といってしんみりするのもあれなので個人的にものすごく笑った、とても面白いこち亀の話ベスト10を紹介したいと思います!!

第10位:バイキング・ハード の巻(コミックス65巻)

f:id:sasagin:20160906194240j:plain:w500

1人1万600円もするバイキングに行くことになり、10万円分食べることを目標に掲げていた両さん。
しかし、本田と一緒にトイレに行ってる間に、下の階にあったガソリンスタンドが爆発して火事になってしまいます!

f:id:sasagin:20160906194818j:plain:w500

火事だろうがなんだろうが10万円分たべることを維持でもやめようとしない両さんに笑いがこみ上げてきます(笑)
どこまでも食い意地がはっている両さん素敵だと思います。

f:id:sasagin:20160906195212j:plain:w500


第9位:バーバーの恐怖 の巻(コミックス24巻)

f:id:sasagin:20160905214014j:plain:w500

髪が長くて中川と麗子に任せた両さんですが、両さんの髪の毛がが固く散髪を断念。
仕方がなく、両さんは床屋に行くのですがこの床屋で事件が勃発してしまいます!

f:id:sasagin:20160905214350j:plain:w500

両さんの眉毛をそり落としてしまった床屋の見習いはバランスをとるために両方の眉毛を剃ってしまいます!

f:id:sasagin:20160905214657j:plain:w500

この後、床屋見習いがどうなったのかは察しがつくとおもいます…

最初読んだとき、床屋見習いの「大山倍達より迫力がある!」に大爆笑しました(笑)
「大山倍達」を知らない方は下のリンクから参照してみてね!


第8位:デビュー の巻(コミックス30巻)

f:id:sasagin:20160905220524j:plain:w500

ひょんなことから漫画家のタマゴである青年のデビューを手伝うことになった両さん。
そこで、近くに住んでる漫画家を両さんが紹介してあげることになります。

両さんが紹介した大先生が少しおかしいのですが、そのおかしさがとても面白くオチよりも印象付いてしまいました(笑)

f:id:sasagin:20160905221421j:plain
ちなみにこの大先生のモデルがいるらしく、名前はさいとうたか…なんでもないです(笑)

第7位:両さん天国へ行く の巻(コミックス57巻)

f:id:sasagin:20160906204410j:plain:w500

天国の人事省の手違いで、両さんの寿命である蝋燭の火を消してしまい両さんが死んでしまいました。

f:id:sasagin:20160906204614j:plain:w500

すぐ生き返らせてもらう手続きをしてもらいましたが、他の人にも乗り移れることを知って両さんはいたずらをし始めます。
第一の標的に選ばれたのはもちろん大原部長!

f:id:sasagin:20160906204928j:plain:w500

初めてこの巻を読んだときは部長が裸で走り回る絵を見てお腹が痛くなるまで笑いました(笑)

第6位:両さん地獄へ行く の巻・わがまま大王 の巻(コミックス54巻)

f:id:sasagin:20160906211035j:plain
暇だった両さんは天国に遊びに行こうとして、天国警察署の花山リカに騙され地獄へと連れていかれてしまいます。

地獄では厳しい拷問が両さんに襲い掛かりますが、そんなことは痛くもかゆくもない両さんは地獄を攻め落としてしまいます。

f:id:sasagin:20160906211632j:plain:w500

f:id:sasagin:20160906211640j:plain:w500


かくして、地獄を占領しリョーツ大王となった両さん。
このままでは飽き足らず、お金を奪おうと天国に攻めてきます!

f:id:sasagin:20160906212124j:plain:w500

f:id:sasagin:20160906212150j:plain

個人的にこの「ジャガージャガージャガーミハラヤマノボレ」がツボです。(笑)
昔のこち亀は細かいところで色んなギャグがちりばめられていたので、テンポよく飽きずに最後まで読めたのかなと。
両さんの傍若無人さがでていた話でした!

第5位:人間顔じゃない の巻(コミックス37巻)

f:id:sasagin:20160907213308j:plain:w500

朝起きたら目が腫れており病院にいったら眉毛を剃り落とされ、剃り込みまで入れられてしまった両さん。
この時点で怖すぎるのですが、剃り込みが入った両さんの顔は指名手配されていた「悪山殺五郎」とそっくりでした!

f:id:sasagin:20160907213737j:plain:w500

両さんはよく剃り込みをいれる回が多いのですがそのたび迫力が増しますね。
近くにいたら絶対に関わりたくないです…(笑)

第4位:東京留学!? の巻(コミックス35巻)

f:id:sasagin:20160907214752j:plain:w500

公園前派出所に旧日本軍のような恰好をいた、度井仲署の芋頭がやってきました。
芋頭は地図にもない度井仲県からやってきており、東京で見るものすべてが新しくまるでタイムマシンでやってきたような人でした。

f:id:sasagin:20160907215304j:plain:w500

新幹線に三八式歩兵銃で立ち向かったり、映画の撮影なのに三八式歩兵銃で実弾をぶっ放したり、過激で破天荒な人です(笑)

この後両さんは芋頭と一緒に度井仲署まで行くのですが、そこでもまた様々な破天荒ぶりが見て取れます。

第3位:FAXします!私のすべて の巻(コミックス65巻)

f:id:sasagin:20160907220220j:plain:w500

派出所の雨漏りの修理をしていたらびしょ濡れになってしまった両さん。
麗子が制服を洗っている間に、部屋にあったコピー機で全裸の写真を撮って遊んでいたところ麗子に見つかってしまいます(笑)

また、部長の写真と両さんの裸体姿を合成して遊んで楽しんでいたところ寺井が間違って葛飾署に送ってしまうというオチも爆笑ものです!

f:id:sasagin:20160907221606j:plain

f:id:sasagin:20160907221638j:plain:w500

この後はわかりますよね(笑)

第2位:髪は友だち! の巻(コミックス55巻)

f:id:sasagin:20160907223606j:plain:w500

セールスマンが派出所にやってきて、部長に売るために増毛剤を購入した両さん。
部長に売る前に自分で試したところ、増毛がとまらなくなってしまいました!

結果的に床屋に行くことになったのですが、切っても切ってもきりがないためパーマをかけることに…
しかし、パーマをかけたことによりさらに面白い髪型になってしまいます!(笑)

f:id:sasagin:20160907223846j:plain:w500

最終的にはもはやなんだかわからないぐらい髪の毛がのびてしまうという始末…
初めてこの巻を読んだときオチは想像できたのですが、ここまで髪の毛が伸びるとは予想できませんでした(笑)

f:id:sasagin:20160907224112j:plain:w500

ひぃっマタンゴ!

第1位:留守電用あいづちくん の巻(コミックス95巻)

f:id:sasagin:20160907224912j:plain:w500

派出所に最新のFAX付き電話がやってきました。
FAXについてあれこれ色々話していると、突然見知らぬところからFAXが送られてきます。
f:id:sasagin:20160907225136j:plain

FAXの受信がなりやまないのに怒った両さんは「ばかやろう」「日本をなめるなよ!」と書いた紙をつなげエンドレスでFAXをするという攻撃にでます!

f:id:sasagin:20160907225441j:plain:w500

まだ、この話の本題(あいづちくん)に触れていないのにここまで面白いのはこち亀ぐらいだと思います(笑)
このエンドレスFAXの回がジャンプで掲載されたとき、似たような事件が増えたとか増えてないとか…
※良い子はぜったい真似しないでね!

最後に

基本的に100巻以内でおもしろい話を厳選してみました!
多分こち亀が好きな人であれば、「あれもおもしろい」「これもおもしろい」など色々あるとおもいます。
そんな話し合いをして、あーそんな話もあったねって言えるような漫画がこち亀なんだと思います。

こち亀が連載終了してしまうのは悲しいですが、漫画自体が消滅するわけではないので連載終了後も何回も読み直して楽しみたいですね!


今度は、こち亀の感動する話ベスト10でもつくってみようかしら…



おしまい。