明日こそ、定時

残業は悪と心に決めてる社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

【体験レポ】脳汁あふれまくりの台湾スロットに実際に行ってみた!!(前編)

スポンサードリンク

f:id:sasagin:20180620225549j:plain

こんにちは。久々の投稿がギャンブル記事という最低な格好を世に知らしめる佐伯です。

先日こんな記事を書きました。
www.no-overtime-day.com

日本のパチンコ・スロットの環境とは打って変わって、至れり尽くせりの台湾スロット。
24時間営業、ドリンク飲み放題、お弁当支給、リール自動回転、設定5以上の台は最低5台と日本じゃ考えられない神場所。
はやく台湾に行きたいなと思い馳せながら書いた記事でした…

そして上の記事から約一か月…

実際に台湾に行って打ってきました!!!
いえい!

もうね。すごいのなんの。
先に結論から申し上げますと…
台湾。最高でした。はい。

これから益々盛り上がっていくだろう台湾スロット。
行く人もどんどん増えていくことを考慮して、この記事ではこれから行く人のタメになるような情報をギュッと詰めました!
ぜひぜひ参考していただければ幸いでございます…。

ではでは最高だった台湾を紹介していきますよ!!!

1.日本出国前の準備

まずは台湾に行く前の準備段階からまとめていきます。

1.目的地

今回の台湾の新竹地区にある「金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)」に行きました!
ちなみに、この「金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)」はホテルの下にホールがあります。

そしてホールは24時間営業。
なんとも素晴らしい国ですね…台湾好き。

2.航空券予約について

台湾でスロットを打つためにに、まずは航空券を調達しないといけません。
航空券を調達する際に自分が使用したサイトはこちら。トラベルコ。
www.tour.ne.jp
日本で展開をしている500以上の予約サイトから料金を比較して最安値などの航空券を提示してくれる優秀なサイトです。
海外旅行によく行く人ならすでに知っていると思いますが、かなり優秀ですこのサイト。

ちなみに、この「トラベルコ」は単に料金比較をしてくれるだけのサービスなので、自分が取りたい航空券の料金がわかったら実際の予約サイトに行って航空券を予約するという流れになります。

また台湾旅行が格安にできる時期を調べたところ、どうやら個人手配の航空券はどうやら10月、11月、12月が最安値みたいですね。 ツアーは1月、6月、10月が安いみたいです。
参考:台湾旅行はいつが安い?台湾ツアーの安い時期を1年間検証したよ | 格安旅行情報ブログ:りり記


今回自分は、ギャンブルの勝ち分で旅行をするという目標があったため超激安航空券を取ることに決めました。
そして自分が取った航空券の金額はなんと往復28000円!
安すぎる。東京ー大阪間の新幹線代とほぼ変わらないじゃないか…
ただ、1つ注意があります。
この往復28000円には、機内預け荷物の料金は入っていないです。
往復28000円であるためには、機内持ち込み荷物10kgまでとなっております。
機内預け荷物を追加するとプラス4000円とか取られてしまうので、頑張って手荷物10kgにする必要がありますね。
そこは、予約する際に注意してくださいね。

ちなみに、航空会社はスクート航空会社というLCCの会社。
乗り心地などは後程記述します!

3.ホテル予約について

「金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)」は下のExpediaのリンクから予約することができました。
www.expedia.co.jp
補足ですが、この金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)はダブルベッドのみとなっています。
エキストラベッドがExpediaの予約ページからできるのですが、指定をしても意味はなくダブルベッドのみの部屋です。
というか、実際に行ってわかったのですがここ日本でいうとこのラブホですね。はい。確実にラブホです。

ちなみに、お値段のほうですが1部屋1泊2日で約7000円ぐらいでした!
今回2人で1部屋を使い、2泊3日だったので1人あたり7000円という破格の値段ッ…!!

台湾安すぎですよ…

2.日本出国

1.スクート航空会社(LCC)の乗り心地について

f:id:sasagin:20180623220245j:plain:w600


往復28000円という目ん玉が飛び出るぐらい安い航空券を提供してくれるスクート航空会社。
乗り心地はというと、普通の長距離バスと同じですかね。

f:id:sasagin:20180623221004j:plain:w500
引用:https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/economy-class


座席は上の画像のような感じです。
LCCは何かと炎上したりしますが、別にこれと言って気になることはなかったですね。
むしろ普通すぎてビックリしました…

ただ、東京から台湾までは約3時間ぐらいかかります。
3時間の道のりを仮眠して過ごすのであれば、ネックピロ―は欠かせませんね。
これあるだけで、ビックリするぐらい寝れます…


3.台湾入国!!

1.日本円を台湾ドルに交換する!

無事台湾に入国したらまず、日本円を台湾ドルに交換しましょう!!!
日本から台湾桃園国際空港に来た場合は、第一ターミナルに行くと思います。

第一ターミナルに着いたら、入国手続きをして1階に行きましょう。
下の画像の赤枠で囲った部分の交換所が一番手数料が安く手済みます。
ちなみに自分が交換した時、10万円交換で手数料は30台湾ドルでした。(日本円で約110円) f:id:sasagin:20180623231549p:plain
引用:桃園國際機場

実際の交換所はこんな感じ。
f:id:sasagin:20180623230343j:plain:w600

2.タクシーにのって金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)へ!

f:id:sasagin:20180624000124j:plain:w600

先ほどの、日本円を台湾ドルに換えた交換所の真正面にタクシー乗り場があります。
黄色いタクシーなのですぐわかると思います。

タクシーの案内している人にグーグルマップで金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)を指定してここ行きたいと伝えると、このタクシーに乗れと案内されるので言われるがままタクシーに乗車します。

台湾桃園国際空港から金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)までは約1時間ぐらいでした。
料金は日本円で6000円程度
距離が少し離れているので、まぁ6000円かかるのはしょうがないかなと。

そして、なんとか無事に金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)に到着しました!!

f:id:sasagin:20180620225549j:plain:w600

上の写真はスロットが大量に置いてあるホールの入り口となっています。
金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)は写真の右隣りにある扉から入れます。

とりあえず、日本語と英語が通じないホテルの受付を何とか済ませて(グーグル翻訳フル活用)、チェックインをしました!

次回ッ!!

次回は、待ちに待ったホールでの実践をした話をまとめたいと思います!
台湾スロットに行ってみたという記事なのに、前編でスロットを打ったことを書かないというこの体たらく…

次回をおたのしみにッ!!!





一旦、おしまい。

飛行機内であると便利グッズ