明日こそ、定時

残業は悪と心に決めてる社畜SEが、定時で帰れた時の暇つぶしに読める記事を綴っています。雑記。好きなこといろいろと…

【体験レポ】脳汁あふれまくりの台湾スロットに実際に行ってみた!!(後編)

スポンサードリンク
f:id:sasagin:20180624164803j:plain:w300

こんにちは。台湾から帰ってきてから何一ついいことがない佐伯です。
ぼくの幸せはどこに転がっているのでしょうか。

はい!ということで、台湾スロット旅行の後編です!
前回の記事はこちらからどうぞ!
www.no-overtime-day.com

前回の記事では台湾スロットに行く前の準備編って感じですね。
スロットの記事は一切載ってないです…あしからず…

ではでは、後編です!
張り切って参りましょう!!

1.金沙商務旅舘(ゴールドサンドホテル)の内装

f:id:sasagin:20180701104359j:plain:w600

内装はめちゃんこ綺麗でした。
L字型のソファがあったり、キングサイズのダブルベッドがあったりすごいです。

f:id:sasagin:20180701104417j:plain:w600

ただ、ベッドの正面にある大きなモニターはテレビが映らないという
まぁ、映ってもほとんど何言ってかわからないので意味ないんですけどね(笑)

f:id:sasagin:20180701104440j:plain:w600

シャワールームもすごいきれいでした。
シャワーの温度も水圧も全然問題なかったです。

日本でこのクラスのホテルに泊まったら軽く1泊1万円は飛びますね…
さすが台湾です。。

f:id:sasagin:20180701104458j:plain:w600

そして、こちら。スケベ椅子付きの浴槽。
…うん。これ完璧ラブホですね。
でも、別にラブホでもいいんです!
きれいだからッ!

2.金沙娯楽場(ゴールドサンド遊戯場)の紹介

f:id:sasagin:20180701105755j:plain:w600

引用:【前編】台湾スロット(パチンコ)に潜入取材。吉宗、北斗懐かしの4号機が打てる! | 銭ゲバ

台湾にきてスロットが打てるとはしゃいでいたおかげで、写真を撮るのを忘れていました…
というかちょくちょく取り忘れていますので、申し訳ないですが他ブログ様が掲載している写真を引用させていただきます…


ゴールドサンド遊戯場に実際行ってみたのですが、下の表通りの配置機種となっていました。
4号機の吉宗がすごい多かった印象…

f:id:sasagin:20180701114415p:plain
f:id:sasagin:20180701114428p:plain
f:id:sasagin:20180701114439p:plain


これほどまで4号機が導入されているのをみると、台湾の人たちも4号機が好きなのかなっ思っていたんですけど以外にそんなことはないんですね。
台湾の人たちも絆とか凱旋とかハーデスとか5号機が人気でした。

台湾スロットのまとめ記事にも書いたんですけど、台湾のスロットには閉電エリアと通常エリアの2種類があります。
閉電エリアは11時間ごとに設定を変更し、さらに設定5以上の台が5台以上あるという激アツのエリア。

そこのエリアに絆やGODなど人気機種が置いてあるのですが、よく見るとサイレントヒルやKOFなど微妙な機種もちらほら。
よくわからない機種にも設定が入っていることは普通にあるのですが、正直そんな台で設定が良くて勝っても微妙な気持ちになるのであんまり台を取りに行こうとは思わないですね。

2.抽選について

ゴールドサンド遊戯場についたのが、16時ぐらいだったので最初はホールの様子を確認しつつ抽選の時間まで暇を潰すことにしました。
暇を潰している間に5000円負けたとか言えない。

そして、そんなこんなで抽選の時間になりました。
日本人は抽選に参加させてくれるのか一抹の不安はありましたが、そんなのは杞憂でした(笑)

時間になると、女性の店員さんがマイクで何やら抽選の時間ということを喋っている様子。(中国語だからあんまりわからない)
ホールの人たちがゾロゾロとホールのカウンター前に並んでいくので、自分もその列に参加。

抽選の方式はくじ引き。
箱に入った丸いプレートを取っていきます。
このプレートには数字が書いてあり、数字の順番に好きな台を取ることができるというもの。

そして、初日からなんと2番目をゲットッ!!
すかさず絆を取りましたよね(笑)

3.実践1回目ッ開始ッ!!

3-1.実践1回目にして絆に座れる

f:id:sasagin:20180701193601j:plain:w300

まさか初っ端から狙い台である絆をとれるとは思いませんでした(笑)
日本で抽選で良番ひいて絆座るなんてほぼできない自分としてはここでテンションマックス!

そして、絆から埋まっていきまどか、凱旋、ハーデス、サラ番、オス番2と埋まっていくホール内。
やっぱり絆すごい人気ですね。
忍者ってこっちでも人気なのかな。単純に台が面白いからなのかな。

そして、台に座った人からどんどん打っていきます。
自分もボルテージマックスのまま絆に挑みました!
結果は後述します!

3-2.台湾ドルをメダルに交換する際に知っていたほうがいいこと

スロットで遊ぶために、台湾ドルをメダルに交換するのですが交換の方法は2つあります。

一つ目は、台湾ドルをそのままメダルの入った箱と交換する。
二つ目は、台の横のメダルカウンターを交換した枚数分増やしてもらう。

一つ目は、原始的な方法なので普通に理解していただけるかと思います。
1000台湾ドルをメダル500枚入った箱と交換して、そのメダルを台に投入すれば遊ぶことができます。

よくわからないのが、二つ目の「台の横のメダルカウンターを交換した枚数分増やしてもらう」だと思います。
下の画像を使って説明したいと思います。

f:id:sasagin:20180702224301j:plain:w400


台湾スロットの台の横には上の画像のようなカウンターがほぼ必ずついています。
このカウンターは持ちメダルを枚数を表しています。

そして、赤枠の部分の「自動移分」
このスイッチを上に切ると、自動的にカウンターのメダル分スロットの台に移動します。
スロットのマックスクレジットは50枚なので、50枚分移動したら自動的にカウンターが止まります。

自動的にスロット台にメダルを移動させるのをやめたいときは、「自動移分」のスイッチを下に切ると作動しなくなります。

そして、緑枠の「精算」のボタンを押すとカウンター分のメダルがスロット台から排出されます。
自分は「精算」ボタンは押したことはないので多分ですが、1000枚ぐらいしか排出されないかと思います。
あまりにもカウンターの枚数が多い場合は店員さんに声をかけて精算したほうがいいですね。

というか、「精算」ボタンを使ってる人は見たことがないですね。
閉電エリアは台移動すると手数料10%取られてしまうので、みんな移動したがらないんですよね(笑)
勝つか負けるかの2択しかないという無慈悲な鉄火場です…

3-3.お弁当タイム

f:id:sasagin:20180701194529j:plain

スロットをしばらく打っていると、店員さんから「ごはんいる?」というジェスチャー。
もちろんタダ飯なので、二つ返事で食べたいと返答しました。

そして、どかどかと運ばれてくるお弁当箱ッ…!!

台湾に来る前はあんまりお弁当はおいしくないと評判だったのですが、自分は特にまずいとは思わなかったですね。むしろ美味しく頂きました(笑)
上で載せている写真は、ホールの照明もあり美味しそうに撮れていないのが残念です(笑)

というか、無料でここまでのクオリティのごはんが食べれるってそうないですからね。
ありがたくいただきました!
ごちそうさまですッ!

3-4.結果ッ!

f:id:sasagin:20180703224726j:plain:w300


結果から言うと1日目は5000台湾ドルの負けですッ!

うーん。
最初は調子よかったんですけどね…
途中5スルーと6スルーなど微妙なハマりで完璧にやられました…

見事に巻物がこない(笑)
巻物設定差ないはずなのに…絆あるある…

ちなみに、閉店してから公開された設定表がこちら。

f:id:sasagin:20180703224705j:plain

絆は1台だけ設定6が入っていましたッ…!!
確かに2つ隣の台はすごい調子よかったです…
新瞳術など入っていないにしても、当たりが軽く4000枚ぐらい結果として出ていたと思います…

その他には、ハーデスや裏モノジャグラー、オス番2とか入っていたみたいですね。

というか本当にすごい台湾。
台湾に来る前から知っていましが、本当に設定が入っているとは…
しかも、イベント日でもない日にこんな設定入っているのはすごすぎですよね…

とりあえず、気を取り直して次の抽選に全力を注ぎますッ…!

4.実践2日目ッ開始ッ!!

4-1.いつもは打たない化物語に着席

2日目は抽選に漏れてしまったので、のんびりホテルで過ごしながら台が開くのを待ちます。

そしてお昼前ぐらいに空いた「化物語」。
どんどん日本のお店から少なくなっている「化物語」ですが、自分はあんまり打ったことがないという…。

そして、打ち方など色々ネットで調べている間にそれは起こりました。。。。

f:id:sasagin:20180624164803j:plain:w300


まさかのフリーズッ…!!!!
ははは初めて引いたッ…!!!

まさかの、化物語のフリーズが台湾で引くという(笑)
その確率約16000分の1!!!

そして、フリーズの結果がこちら。

f:id:sasagin:20180722223032j:plain:w300


平均が550枚ぐらいなので、まぁまぁ平均といったところですね。
いやでも本当に素直にうれしい…

これで台湾初勝利を確信した矢先…

f:id:sasagin:20180624164803j:plain:w300
※画像は使いまわし


うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
またまた、フリーズッ!!!

ついにまさかの事態が起きてしまいました。
脳汁が湧き出るとはこのことを言うんでしょうね。
完璧にギャンブル中毒の症状がでてます。アへ顔です。


そしてなんやかんやで、6000枚オーバー
店員さんを呼んで、特殊景品(よくわからないカード)と交換してもらいました。

5.換金の儀

精算する時に交換した特殊景品(カード)を店員さん渡せば換金の準備は完了です。
詳しくは書きませんが、下の記事の「偶然が起こる手順①」と全く同じ偶然が起きました。
neet-exposure.com

全くの偶然です。そう偶然。

6.その他の機種

ここからは抽選までの時間暇つぶしがてら打っていた(負けた)機種の紹介をしたいと思います。

6-1.初代吉宗(4号機)

f:id:sasagin:20180723214824j:plain:w300


でました化け物機種。初代吉宗。
自分がスロットを打ち始めたときにはもう撤去がされており、4号機の伝説は噂でしか聞いたことがなかったのですが、この日は4号機の片鱗を見てしまいました。
暇つぶしがてら友達が打っていた吉宗がなんと1G連ッ!しかも3回ッ!!

3回連続ビックで、あれよあれよという間に2000枚を超えるという今じゃありえない出玉スピード…
これは中毒者がでてもしょうがないですね。中毒性がありすぎます。
この後、友達は全部飲まれました。

6-2.裏ジャグラー(台湾仕様)

f:id:sasagin:20180723215738j:plain:w300

このジャグラーなんと450Gが天井となっています。
しかも、1回当たると天国(?)に入り落ちるまで連チャンするとんでもない台です。

「450Gが天井なら余裕やんけ!」って思った方がいらっしゃるかもしれませんが、このジャグラーブドウとリプレイがビックリするほど落ちない!
なので、1G3枚の計算ですると天井まで約1350枚必要という化け物筐体。

その代わり連チャン性能を兼ね備えているというまさに沼。
現地の人たちはこのジャグラーが好きなのか、結構な頻度で打たれていました。

ちなみに、この筐体はGOGOランプが切れており、ボーナス察知はINSERT COINのランプが消えたらボーナスなんだとか。
常連さんに教えてもらいました。

とまぁ、こんなよくわからない台がおいてあるのも台湾スロットならではですね。(笑)

まとめ

・台湾スロットは456設定5台以上は本当!

・4号機があるのは本当!設定は入っていないけど。

・旅費をまくれるぐらい台湾スロットは熱かったッ!

・台湾の人たち色々教えてくれて優しい!!

・併設してるホテルはラブホテル!

最後に

初めての台湾スロットはものすごく楽しかったです!
色々不安はありましたが、結局杞憂に終わってしまいました(笑)

あと異国で打っていると、負けとか気にしなくなっちゃうのはなんなんでしょうかね。
この感覚自分だけなのかな…

色々ここまで台湾スロットを紹介してきましたが、是非ともスロット好きな方は1回行ってみることをおススメします!
台湾に観光がてら行くのもいいかもしれないですね。

質問などはツイッターなどで連絡をしていただければ、余裕のよっちゃんで返信いたしますので気軽に連絡してください!(笑)
みんなで台湾スロット行って楽しみましょうッ!!




おしまい。